キーワード「武田明」を含む記事リスト

thumbnail

キューバと北朝鮮そして「国家資本主義」について《足元から出来る貧者の知恵の連携?》


thumbnail

(植草一秀経済理論の展開)【後編】 足元から変えられる日本の貧困対策と提言的連続性としての一週間の粗描①


thumbnail

『今、東京で何が行われているのか!?(全国区化構想について)』(緊急新書案)(火炎瓶てつ街宣論+植草一秀外伝④


thumbnail

法と人の戦い、収奪か搾取か、9月のちきゅう座展開可能性について(キッピス原理主義+植草一秀外伝)② ③


thumbnail

何故、共産主義国に選挙がないのか?(キッピス原理主義+植草一秀外伝)①


thumbnail

民進党は近代政党足りうるのか?(植草一秀理論の展開について)【中編】


thumbnail

経済理論としての結集は如何にして可能か?(植草一秀理論の展開について)【前編】


thumbnail

8月20日(土)「TPPを批准させない!全国共同行動8.20キックオフ集会」植草一秀、醍醐聡他10時30分~15時


thumbnail

家族人類学体系化と家族主義の歴史について(人が生きることに封建制社会とは悪であったか?)


thumbnail

『レーニンへ帰れ』前哨戦としての「国家と革命」から「哲学ノート」への時事史観的粗描


thumbnail

全ての生者生命運動としての民主主義考察の試み(花崎皋平著作集と中野@貴州仕事実践的具体的接合可能性について)


thumbnail

自省論(自省すべきはちきゅう座・左翼・リベラルではないだろうか?)


thumbnail

聞く相手のことを考える(2)


thumbnail

:『レーニンへ帰れ』から遡る・左翼権威主義と文化人類学〔近代主義と市民革命以上の時事史観的粗描〕(詰将棋第2章として)


thumbnail

同志中野@貴州さんと考える最大の未来史詰将棋の試み『大革命体系論』(その1)


thumbnail

《国会から目が離せなくなった。》改憲争点そらし、三分の二、都知事選の攻防から柄谷行人、左派リベラルと日本共産党についてまでの体系化論


thumbnail

ちきゅう座よ、平成日本よ何処へ往く(知名度とインターネット広報の限界について)


thumbnail

物象化・理論的実践・市場とスターリン批判の超克(廣松渉vs花崎 皋平としての日本思想の完追について)


thumbnail

日本における共産主義政権樹立のための実践地政学(全員体制で出来うる共和制、解放区、真の自由独立の哲学的基礎から具体的実践行動の道筋)


thumbnail

平成地獄年間6月の陣(現代政治選挙対策)・山崎康彦キャスの紹介《赤字国債と消費税、何故、ある所から取れないのかが、経済学的問題の根本でありそこに集中しなくてはならない。 》


thumbnail

忍者砦通信2《夏の参議院選挙を見据えたる革命の狼煙について》1.理論から実践へ2.5月から6月への詰め将棋共同を3.朝までツイキャス案についての実践的射程


thumbnail

現代の共産党アレルギーについて如何に克服するのか?(アカデミズム・ちきゅう座・論理の行方について)《忍者砦から日本列島各テント砦への通信》(技術サポーター求む)


thumbnail

日本革命体系草案〔教育・医学・経済〕何故、言葉は伝わらなくなっているのか?(誠実さについて)


thumbnail

日本列島時事史観二つの事柄から1.《植草一秀ブログと火炎瓶てつさん友情に学ぶ》2.《お年寄りを一人にしてはいけない》まで(個人的ちきゅう座入門の試み)


thumbnail

《革命の足元の理論の確認》1.視覚言語論2.世代について3.革命的人間と共同主観性、理性と心的自由について


thumbnail

《様々な共産党の研究、今、何故、日本共産党研究であるのか?》どぶ板選挙論前哨戦として。


thumbnail

「現代史研究会」会計報告、ありがとうございました。


thumbnail

《東京演義、現代三国志の構図について》苦闘する人生、知の断想について、その雑感から演義へ。


thumbnail

《マルクスの亡霊再び…生誕前夜祭》ちきゅう座総会Q&A、マルクスと貧困、意識と無意識について


thumbnail

日本の地獄、死に至る病、繰り返す楢山節考の悲劇に抵抗する



  • 検索

    新ちきゅう座検索


▲このページの上へ戻る