キーワード「書評」を含む記事リスト

thumbnail

畑山敏夫著 「現代フランスの新しい右翼 ルペンの見果てぬ夢」(法律文化社)


thumbnail

マ・ティーダの獄中記「良心の囚人*―インセイン刑務所を通じての私の歩み」を読んで (6)


thumbnail

マ・ティーダの獄中記「良心の囚人*―インセイン刑務所を通じての私の歩み」を読んで (5)


thumbnail

マ・ティーダの獄中記「良心の囚人*―インセイン刑務所を通じての私の歩み」を読んで (4)


thumbnail

マ・ティーダの獄中記「良心の囚人*―インセイン刑務所を通じての私の歩み」を読んで (3)


thumbnail

マ・ティーダの獄中記「良心の囚人*―インセイン刑務所を通じての私の歩み」を読んで (2)


thumbnail

マ・ティーダの獄中記「良心の囚人*―インセイン刑務所を通じての私の歩み」を読んで (1)


thumbnail

小説「すみれの暴力」について


thumbnail

著者への手紙:笠井一成著『不戦死』を読んで


thumbnail

今日のジャーナリズムの姿勢を鋭く問う   『米騒動とジャーナリズム 大正の米騒動から百年』


thumbnail

文庫本「解説」の「解説」の面白さ  ―書評 斎藤美奈子著『文庫解説ワンダーランド』(岩波新書)―


thumbnail

民あってこその、国 命あってこその、人


thumbnail

奥山忠信著『貧困と格差-ピケティとマルクスの対話』(社会評論社)を読む


thumbnail

ファシズムは死語になったのか(3) ― 『 ヒトラー万歳と叫んだ民衆の誤算 』 を読む ―


thumbnail

ユーロは絶対に崩壊しない - 伴野文夫著 「ユーロは絶対に崩壊しない」 -


thumbnail

女性週刊誌『女性自身』を買った


thumbnail

書籍紹介・現代史を見直す視点 - Timothy Snyder “BLOODLANDS: Between Hitler and Starlin,” Basic Books, 2010, New York. 邦訳、布施由紀子訳『ブラッドランド ヒトラーとスターリン大虐殺の真実』(上・下) 筑摩書房、2015年 -


thumbnail

【新刊案内】新藤榮一・木村朗編 『沖縄自立と東アジア共同体』(花伝社)


thumbnail

「CIAの秘密戦争」マーク・マゼッティー著


thumbnail

この人を見よ 『行雲流水(こううんりゅうすい)』


thumbnail

書評:小野一著『地方自治と脱原発―若狭湾の地域経済をめぐって』


thumbnail

書評『若き日の日野啓三―昭和二十年代の文業』山内祥史・著 和泉書院・刊


thumbnail

ナチの授権法を類推させる自民党改憲草案 『ヒトラーとナチ・ドイツ』を読んで


thumbnail

お江戸舟遊び瓦版 419号   ホセ・ムヒカ「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ」


thumbnail

「私の「東日本大震災」体験」から五年 - 柳田邦男『終わらない原発事故と「日本病」』を読む -


thumbnail

恋はわりなき、はかなきもの ― 岸惠子の恋物語を読む  


thumbnail

戦時下の朝鮮人連行現場の実態が明らかに [書評]野添憲治編著『秋田県の朝鮮人強制連行――52カ所の現場・写真・地図――』


thumbnail

書評『トラや』南木佳士・著 文藝春秋・刊  


thumbnail

書評『日の砦』黒井千次・著 講談社・刊 


thumbnail

書評『雨のオクターブ・サンデー』難波田節子・著 鳥影社・刊



  • 検索

    新ちきゅう座検索


▲このページの上へ戻る